【 美術館 おすすめ・東京 】2022年 春に家族いっしょに行きたい アート 展示 のご紹介

今回は、春の東京の 美術館 特集です。小さいころから絵やアート作品に出合うと、想像力や発想力が磨かれるそう。なかには小中学生以下が無料だったり、公園が併設されていたり、親子でたのしめる 美術館 は休日を過ごすのにおすすめ。展示内容などをチェックしてお出かけの参考にしてみてください

※新型コロナウイルス感染拡大防止の為、普段の営業状況と異なります。訪問する際は、必ず施設ホームページ等で情報確認をお願いいたします。

【 美術館 おすすめ・東京】2022年 春 家族でいっしょに行きたい アート 展示 のご紹介

ダミアン・ハースト 桜【 国立新美術館 】企画展 2022年3月2日(水)~5月23日(月)

https://www.nact.jp/exhibition_special/2022/damienhirst/

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

国立新美術館 NACT(@thenationalartcentertokyo)がシェアした投稿

毎回見ごたえのある企画展がおすすめの国立新美術館。2022年 春の展示は、イギリスを代表する現代作家『ダミアンハースト』による国内初めての大規模な個展。今回の展覧会のために作られた展示空間には、桜のシリーズ107点から作家自身が選んだ大型絵画24点が並びます。国立新美術館の桜が満開の頃に行って、アートも春も満喫してみては。

【国立新美術館/ダミアン・ハースト 桜】
2022年3月2日(水)~5月23日(月)
毎週火曜日休館 ※ただし5月3日(火・祝)は開館

開館時間: 10:00~18:00
※毎週金・土曜日は20:00まで
※入場は閉館の30分前まで
会 場: 国立新美術館 企画展示室2E
〒106-8558 東京都港区六本木7-22-2
アクセス: 東京メトロ千代田線乃木坂駅
青山霊園方面改札6出口(美術館直結)
東京メトロ日比谷線六本木駅4a出口から徒歩約5分
都営地下鉄大江戸線六本木駅7出口から徒歩約4分
観覧料(税込): 当日 1,500円(一般)、1,200円(大学生)、600円(高校生)
※中学生以下は入場無料
その他の展示: https://www.nact.jp/

 

出版120周年 ピーターラビットᵀᴹ展【 世田谷美術館 】企画展 2022年3月26日(土)~6月19日(日)

https://peter120.exhibit.jp/

ピーターラビット 世田谷美術館

砧公園の中にある世田谷美術館で、絵本でもおなじみのピーターラビット™の出版120周年記念の展示が開かれます。1902年にはじめて出版されて以来、多くの人々にゆかいな夢を与えてくれているピーターラビット™。今回の展示では作家ビアトリクス・ポター™の『ピーターラビットのおはなし』誕生の背景や物語の世界が、英国外初公開を含むオリジナル原画で紹介されています。

【世田谷美術館/出版120周年 ピーターラビットᵀᴹ展】
2022年3月26日(土)~6月19日(日)
毎週月曜日、だたし5月2日(月)は開館

開館時間: 10:00~18:00(入場は17:30まで)
会 場: 世田谷美術館 1階展示室
〒157-0075 東京都世田谷区砧公園1-2 TEL 03-3415-6011(代)
アクセス: 東急田園都市線「用賀」駅
バス:美術館行バス「美術館」下車 徒歩3分(1時間1~2本)
徒歩:「用賀」駅より徒歩17分
小田急線「成城学園前」駅
渋谷駅行バス「砧町」下車 徒歩10分(約5分〜10分毎)
https://www.setagayaartmuseum.or.jp/guide/access/
観覧料(税込): 一般 1600円/65歳以上 1300円/大高生 800円/中小生 500円
HP: https://www.setagayaartmuseum.or.jp/

 

ということで、今回は、この春、東京で楽しめる美術館の展示のご紹介でした。あたたかくなってきたので、お花見とセットにしてアートに触れてみるのもいいかもしれません。各美術館の事前予約方法などもあわせてチェックしてみてくださいね。

東京・埼玉・神奈川のお花見スポットも紹介しています。

東京・埼玉・神奈川のお花見スポットおすすめ7選

dokoikuおすすめサービス