世界自然遺産「知床半島」を巡る! 名所篇

 2005年にユネスコ世界自然遺産に登録された「知床半島」。冬の時期にオホーツク海を見渡す限り埋め尽くす「流氷」、「ヒグマとヒトの共生」など、その豊かな生態系 と 多様性 は驚きです。今回は、北海道の知床のおすすめスポットをご紹介します。

天に続く道

女満別空港から知床の道中にある約29㎞もあるまっすぐな道。終点が見えないくらいの長さで、ほんとうに天に続いている感じを味わえます

開陽台

知床を一望できるスポット。天気が良ければ330度見えるようです。残りの30度は山で隠れて見えないそう。。。ツーリングの人はまずはここに集合して、雲の動きをみてから行き先を決めるそうです

知床五湖

知床には65を超える湖があるそう。名もない湖もたくさんあるようですが、これは一湖から五湖まで名前が付いた観光地。ヒグマも出没するため、五湖を回るルートは事前にレクチャーを受けてからの出発になります。いつヒグマに遭遇するかドキドキしながら歩くのも楽しい体験です。

知床遊覧船

約2時間かけて、知床半島を海から眺める贅沢な時間。200mを超える断崖絶壁や滝。テレビでも紹介されたクマと共生する大瀬さんの番屋、そして運が良ければ見れるヒグマたちの様子など知床の大自然を味わえます。今回は、シャチやイルカは残念ながら見れませんでした。

番屋

テレビでも紹介された大瀬初三郎さんの番屋。世界遺産の中なので限られた車(2台だけ!)しかいけない激レアスポット。遊覧船で外から眺めることはできます。

カムイワッカ湯の滝

〇年に大量の硫黄が噴火。その硫黄をすべて取り出した後にできた場所。数年前に落石があったため、いまは第1の滝までしか進めませんが。第5の滝の下には天然の露天風呂があるとか。落石のケアが進めば、また中に入れるようになってくれるでしょう。ちなみに噴火口まではいけません。遊覧船に乗ると遠くから眺めることができます

 

ホテル 地の涯(ちのはて)

世界遺産エリアの中で、唯一泊まれるホテル。食事は知床の自然の恵みをいただけます。天然温泉が湧き出ていて体もポカポカ。混浴の露天風呂や某テレビ番組でも紹介された天然の露天風呂も。早朝出発の登山客の方が多くいました。

ボンズホーム

知床のおいしいじゃがいもを使った料理が食べられるカフェ。小腹がすいたらぜひお立ち寄りを。

グラタン 800円(税別)

 

知床は自然や動物との共生が取れている素敵な場所です。そこら中に鹿がいますので運転の際にはご注意を。私も突然鹿が表れてびっくりしました。

 

知床に飛行機で行く場合は「女満別空港」が近いです。レンタカーやバスで約1時間半。道中の雄大な自然を眺めながらのドライブも楽しみのひとつです。

知床の雄大な自然から大きなパワーをもらいに、ぜひ一度行ってみてはどうでしょうか。

 

<関連記事>

世界自然遺産「知床半島」を巡る! 天然温泉篇

dokoikuおすすめサービス

みんなに教えてあげてね!

コメントを残す

名前、メールアドレス、コメント欄は必須項目です(メールアドレスが公開されることはありません。)