世界自然遺産「知床半島」を巡る! 天然温泉篇

知床といえば天然温泉!今回は、自然を生かしたおすすめ天然温泉を紹介します。

熊の湯温泉

まずは羅臼町の熊の湯温泉。町の人たちが協力して運営している温泉。なんと入浴料は無料!温度はかなり高く、入ったらポカポカになること間違いなし。すぐそばに水もあるのでサウナに入ったように整えることもできます。女子は囲いがありますが、男子は外から丸見えなので写真がありません。寄付金を入れる箱があるのでぜひご協力を!

引用元:知床羅臼町観光協会

※中の様子は、お客様が途切れないため撮影できませんでした。大自然を堪能できますよ!

セセキ温泉

羅臼町の海岸に突如現れる温泉。オホーツク海を眺めながら入るのもまた格別。冬はまた風情があって良さそうです。こちらも入浴料は無料!寄付金を入れる箱があるのでぜひご協力を!

天然温泉 in ホテル 地の涯(ちのはて)

知床半島の世界遺産エリアの中で、唯一泊まれるホテル。天然温泉が湧き出ていて体もポカポカ。混浴の露天風呂や某テレビ番組でも紹介された天然の露天風呂も。早朝出発の登山客の方が多くいました。

 

カムイワッカ湯の滝

昔に大量の硫黄が噴火。その硫黄をすべて取り出した後にできた場所。数年前に落石があったため、いまは「一の滝」までしか入れませんが。上流にいったところにある「五の滝」には天然の露天風呂があるとか。「一の滝」でも川遊びを楽しむことができます

どうでしたか?知床に行ってみたくなりませんか。世界遺産に登録されるほどの大自然、これから冬になりますと「流氷」の季節です。泊まるところがたくさんあるわけではないので、知床旅行はお早めのご予約を!

<関連記事>

世界自然遺産「知床半島」を巡る! 名所篇

dokoikuおすすめサービス

みんなに教えてあげてね!

コメントを残す

名前、メールアドレス、コメント欄は必須項目です(メールアドレスが公開されることはありません。)